トイレのつなぎ目の水漏れ修理について

トイレに設置されている便器から水漏れが発生してしまった場合、まずは、どこから水漏れをしているのかを突き止めて対処をしていきます。単純にトイレと水道管との接続が甘かったり、間違った場所につないでしまったりと様々なケースがあります。水漏れはいたるところで発生することを、まず理解しておきたいところです。

■よくある水漏れ原因の1つはつなぎ目

水漏れで一番と言ってもよいほど、トラブルの原因となるのが、このつなぎ目になります。トイレで水を流すために、水道管と接続をして流れるようにするわけですが、ここの接合部が漏れの原因となってしまうわけです。パッキンを挟んで密封していますが、年月が経つにつれて、ゴムの弾力性がなくなり硬くなってしまいます。結果、ひび割れてしまい水漏れのトラブルに発展していきます。
水道管とのつなぎ目だけではなく、便器の内部や、ウォシュレット部分にもこのようなつなぎ目は多くあるため、ここから水漏れのトラブルになることも当然あります。

■修理は簡単ですぐに完了することが多い

このような不具合は、接合部から水漏れを防ぐために装備されるパッキンが原因のことが多いです。つまり、これを交換するだけで解消されることになります。したがって、つなぎ目からの水漏れの場合は、サイズさえ間違えなければ簡単に修理をすることが可能となっています。止水栓で水の流れを止めて、その後、部品を交換した後に、止水栓を開放するだけになります。パッキンはホームセンターで売っているため、すぐに手に入れることができます。



■まとめ
水が漏れてしまう原因となってしまうことが多いつなぎ目の部分には、密封性を高めるためにパッキンとが装備されています。これが経年によって劣化してしまうと、水漏れが発生する原因になってしまいます。その場合の修理は交換するだけになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ