トイレの便器も形あるものなのでいずれ水漏れが発生する

トイレで多い水漏れ箇所は、主にトイレタンクやパイプなどのつなぎ目の部分になります。したがって、便器自体からの水漏れは、あまりある話ではありません。だからこそ、もし発生してしまった場合の対処法などを知らずに慌てふためいてしまうことも多々あります。

■便器からの水漏れについて

基本的には便器自体から水漏れをすることはほとんどありません。もし自然と水漏れをしてしまった場合は、かなりレアなケースとなるため、メーカーや修理業者に相談をするようにしてください。では、自然に水漏れをするわけではない場合は、どのような状態なのでしょうか。それは外的な要因でトイレの便器にヒビなどが入ってしまったケースです。最近多いのは固いものを落としてしまった衝撃が1点に加わることで割れてしまうケースになります。ちょっとしたことで割れてしまうことが多いため、便器の取扱には注意をしたいところです。


■埋める修理などの方法がある

ひび割れの傷で、水漏れをしてしまっている場合は、そのヒビを埋める専用のアイテムを使用することになります。しかし、ひどく割れているという状況の場合は、残念ながら対処をする方法がありません。便器ごと交換をする方法がよく取られます。つまり、大きなお金が必要になってしまうことは覚悟をしておかなければなりません。一般的には、ひび割れの状態でも、メーカーも修理業者も交換を勧めてきます。理由は埋めたとしても一時的な措置にしかならないからです。



■まとめ
便器からの水漏れは重度な故障状態と言わざるを得ません。ちょっとしたヒビであれば埋める方法もありますが、基本的に、これは一時的な措置にしか過ぎません。恒久対策をするためには、新しい便器を用意するしかありません。ヒビ自体は外的な要因のケースがほとんどのため、大切に使うことが重要になってきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ